NO MORE 自然乾燥

こんにちは!
スタイリスト谷岡です。



さて、皆さん
普段自宅ではどのようにしてヘアスタイルを仕上げていますか?



「朝髪の毛を濡らして
    そのまま自然乾燥です」

「根本はなんとなく乾かすんですが、
     毛先は半乾きのままです」

「ドライヤーは使わないです」


など

実際お客様に尋ねてみると
自然乾燥をされている方も少なくないのでは
と感じます。



そして必ずこう聞かれます




自然乾燥って

   髪によくないですか?



結論から言います





よくないです。





髪にも頭皮にもよくないです。


つまり...


いいことがないです。


では、なぜ自然乾燥がよくないのか?

まずは髪の毛の構造のお話。

髪の毛の一番表面にあるのが、

キューティクル




キューティクルとは、、、

  • 外部の刺激から毛髪内部
 を守り(バリヤ機能)、
 髪に艶を与える役割がある。
  • うろこ状で、根元から毛先に向いに
 一列に重なって並んでいる。
  • 健康な髪はキューティクルが
 何層にも重なりあっている。

  • 主成分は硬いタンパク質

さらにキューティクル

水分によって開く性質があります。



つまり、



髪の毛が濡れたままだと、、、、


キューティクルは膨潤して開いた状態になり
髪内部を守るバリヤ機能が低下

ちょっとした刺激で簡単にめくれ、
剥がれてしまうので、
艶感なくなったりや手触りが悪くなったり...



さらに

サロンで入れたカラーやパーマ、
トリートメント成分が 
キューティクルの間から
どんどん流失してしまったり


と、


悪いことばかりですね!!!

また、

湿気の多いところは
カビが生えやすいのと同様に、
頭皮も濡れたままで放置しておくと
雑菌が増殖しやすく、
匂いの原因、頭皮の痒みや炎症などの
皮膚トラブルにもつながります。


また濡れた状態が長く続くことで、
頭皮の温度が低下し、
血行不良になり、
抜け毛などの原因にもなったり、、、



頭皮にも悪いことばかりですね!


なので、これから暑くなる季節
面倒だとは思います、、、、、

分かります。


ですが、

健やかな髪の毛、頭皮の為に
自然乾燥はもうやめてドライヤーを使って
乾かすことをお勧めします!

まず、
しっかりとタオルで頭皮の水分をとります。

そして毛先の水分もしっかりと取って
ドライヤーの熱から守るため、
アウトバスのトリートメントを適量つけます


タオルドライで、なるべく水分を取っておくことが、早く乾かす為に大事です!!!
先程

キューティクルは水分によって開く
と書きました


おいおい!!

熱によって開くのではドライヤーをかけると結局キューティクルが開いてしまうのでは?


と思った方もいるでしょう、


キューティクルは根元から毛先に向かって、うろこ状に重なっています。
なので、その方向を意識してドライヤーの
風をあたえます。
また熱で開く、ということは

冷やすと閉じる。


このキューティクルの性質を利用し、
最後に冷風をかけると閉じてくれるので
髪の艶感がアップし、バリア機能も高まることで、ダメージを受けにくい髪に仕上がってくれます!



ドライヤーにも色々な種類が出てきているので、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

この夏髪の毛を乾かすことで
秋冬の髪の毛や頭皮のコンディションが抜群に良くなる
と言っても過言ではないでしょう!

乾かし方のコツや髪質に合ったアウトバストリートメントなど、お気軽にお尋ね下さい!

DADA CuBiC about HAIR

スタイリスト、カラーリスト、ケアリスト、アシスタントそれぞれの視点から お客様にお伝えしたい事を記事にしていきます。 髪の毛に関する事、サロンでの出来事、スタッフの紹介など記事にしていきたいと思います。 ちょっとした時に、見てくださいね!

0コメント

  • 1000 / 1000