頭皮や髪に良い栄養素について



こんにちは!
ケアリストの坂本です。


前回、栄養素についても触れましたが、

というお話をしました。



今回は内側からの頭皮、髪に良い栄養素についてお話しします。



丈夫な頭皮や髪をつくるには、規則正しくバランスのよい食事をすることが大切です。



その中で、髪や頭皮によい栄養素をバランスよくとりいれましょう!



・髪の毛の新陳代謝を促す

・ビタミンB群
(玄米胚芽・のり・わかめ・チーズ・卵・ピーナッツ・レバー・牛乳など)


頭皮のたるみは血行不良が主な原因として言われています。
血行や新陳代謝、抗酸化作用を併せ持つビタミン群をとることで頭皮を健康に保ちましょう。

・髪の毛を美しくする

タンパク質(魚・肉・大豆製品・卵など)


髪の毛は8割以上【ケラチン】というタンパク質でできています。このケラチンが不足すると髪のハリやコシがなくなり、縮れやうねりのあるヘアになってしまう原因になります。

・髪の毛の発育を促す

ミネラル(貝類・レバー・ナッツ類・魚介類・海藻など)


特に【亜鉛】
髪を構成する3大成分のうちの一つと言われています。
クエン酸やビタミンなどと一緒に摂取すると、吸収が良くなります。


・髪の毛につやを与えメラニン色素の合成に役立つ

カルシウム(牛乳・大豆や大豆製品・ひじき)



カルシウムが不足すると、神経細胞の働きを低下し、抜け毛につながる恐れがあり、血流が滞れば髪の成長を妨げてしまう恐れもあります。





このように頭皮や髪を美しく保ちたい。
さらに美しくしたい方は、
シャンプー、トリートメント、スキャルプケアも良い物で補っていると思いますが、それだけではない、内側からのアプローチも大切だということがお分かりいただけたかと思います。



知識として理解をすることで、更なる美しい髪へ、健康な頭皮へステップアップするお手伝いをDADA CuBiCケアリストはさせていただきます。



ヘッドスパへのご質問承っておりますので、
ケアリスト坂本までよろしくお願いします。



DADA CuBiC about HAIR

隣の人より、少しだけ髪の毛のことに詳しくなってみませんか? 知ることで、髪の毛との付き合い方が、これまでとは変わるかもしれません。 あまり好きでない人は、自分の髪の毛との向き合い方がわかるかもしれません。 違う一面を知ることで、これまで以上に好きになれると思います。 「とは…」、から始まる美容の話を聞いてください。

0コメント

  • 1000 / 1000