どうしてもハネるあなたへ。

「ハネるとは」

結論から言いますと、ハネる毛はどうしてもハネます!


特に多いのがボブや肩くらいの長さのスタイルで、右側だけがハネてしまう!

きっと一度は経験していることでしょう。
もちろん右側だけでなく、左側がハネる方もいるとは思いますがコレには原因があります!

生え癖です!


毛穴から出てきた髪の毛がどう生えているかによって毛の方向性が決まるのです。

左右の違いに関しては、

つむじが大きく影響します!

つむじの位置や毛流れの向きによって、ハネたり浮きやすかったり、様々な事が起こります。


もちろん、自分では判断しにくいですが、
美容師はそういった部分をしっかり見て、髪の癖がどういうものなのか判断しています!!

ここ何年か外ハネのスタイルが流行っていることもあり、ハネることに違和感がなくなってきているように思います。

ハネが気になるのは意外と自分自身だけなのかもしれません。
  
  • 思い切って、ハネを生かしてレイヤーを入れて軽くする。
  • パーマで強制的に内に入れる。(この場合スタイリングが重要です)
など。
ヘアスタイルを変えたり、スタイリングを変えるだけで気にならなくなるものです!

では逆に、

内に入るのがイヤ!

という方。コレもまた、どうしようもない生え癖なわけです。

決して諦めているわけではありません!

内に入るものをハネるように切るのは非常に難しいわけです!カットのテクニックだけでどうこうできるものではありません!
(無理です。ハッキリ言います。毛穴の問題です。)


ではどうすべきか。


ヘアスタイルの長さを変えるのです!



この悩みが出るのは大体ボブのスタイルが多いです!
長さによって癖も変化していくので、
全体のバランスが変わることによって内に入る癖も気にならなくなるのです!


外ハネ・内巻き、両方に効果的なのはパーマです!!


ごまかすことは悪いことではありません。

癖にはクセを!



きっと、少しの変化で毎日のスタイリングが変わるはずです。


一緒に探しましょう!





DADA CuBiC about HAIR

隣の人より、少しだけ髪の毛のことに詳しくなってみませんか? 知ることで、髪の毛との付き合い方が、これまでとは変わるかもしれません。 あまり好きでない人は、自分の髪の毛との向き合い方がわかるかもしれません。 違う一面を知ることで、これまで以上に好きになれると思います。 「とは…」、から始まる美容の話を聞いてください。

0コメント

  • 1000 / 1000