髪型のイメージを言葉で伝えるために


アシスタントのコンです。
絶賛デビューに向け、トレーニング中です。

『フェミニン』

という言葉を聞いてあなたはどういうイメージをしますか?

モデルさんのカットのレッスンをしていて、自分のなかでとても難しいなと思う事があります。

それはモデルさんがなりたいヘアスタイルのイメージを言葉で共有する時です。

コレを読んだとき、

「ヘアカタログ」を使えばいいんじゃないか。

と思った方、

その通りです。


ですが、こんなケースもあります。👇

例えばお客様が選んだヘアスタイルの写真がフェミニン系柔らかいのヘアスタイルだったにも関わらず

お客様「こんな感じがいいな〜」
美容師「コレいいですね。こんな感じにしましょう」
お客様「これってカッコいいかんじになりますよね?」
美容師「え…、そ、そうですね。(あれ、フェミンンな感じではないんだ)」


という様な写真のイメージはあっても、言葉のイメージが共有できないとき、

このときは困ります。


コレを見ているお客様も、美容室に来てどういうヘアスタイルにするか決める時、なんと言っていいかわからない時などありませんか?

もしくは、伝わらなかったな〜なんていうとき。




髪型のイメージを言葉にして伝えたい、、
でもその言葉が出てこない、、、
はたまた言葉の意味が合っているか分からず
言うのが恥ずかしい、、、、


なんて事もありますよね。


ただ、

言葉にすることができたら髪型を決める時だけではなく、自分の頭の中にあるイメージを相手に伝える時にすごく役に立つのです!


そこでもう知ってる人はおさらいになるかもしれませんが、一緒にまとめてみましょう!

まずは冒頭にも出てきた『フェミニン』という言葉から

・フェミニン
女性らしいさま

これは知っている人も多いかもしれません
これだけだとざっくりとしてます。

しかし、組み合わせる事でより細かくイメージを伝えることができるのです。

例えば

・カジュアルフェミニン
・キュートフェミニン
・大人フェミニンなど

ただ『フェミニン』と言うよりも細分化されてイメージの幅がぐっと縮まりました!
この調子でどんどんまとめていきます!

・カジュアル
くつろいだ、気軽な
・ナチュラル
自然なさま
・ボーイッシュ
少年っぽい、男の子らしい
・ガーリー
少女っぽい、女の子らしい
・キュート
若い女性の活発で可愛らしいさま
・エレガント
優雅な、上品なさま
・ハンサム
美男子のような
・シック
上品でいて落ち着いている

と、ここまでは基本的な表現
さらにあまり聞きなれないかもしれませんが役立つ言葉もまとめていきましょう。

・エッジィ
とげとげしい、流行りを追わず個性的
・エフォートレス
頑張りすぎず程よく肩の力が抜けた
・コケティッシュ
なまめかしい、色っぽいさま
・アバンギャルド
前衛的な
・シアー
透明感のある、すきとおるほど薄い
・マニッシュ
男っぽいさま
・マスキュリン
男性らしいさま

マニッシュ、マスキュリンに関しては同意語です。

・ラフ
くだけている、堅苦しくない
・ミニマム
最小限の、必要最低限まで省略した


いかがでしょうか!?

正直なところ、

「コケティッシュでフェミニンな感じにしたい」

と言われてもすぐにはどんな感じか全く想像できないですけど…。


でも言葉の意味合い、雰囲気を知る事ができるだけでイメージの幅は広がるのではないかと思います。


今は、言葉、イメージの組み合わせでいろんな女性像ができます。

フェミニンだけど、クールな感じも、みたいな。

このように

多種多様にできるから、ヘアスタイルはおもしろいんです。



DADA CuBiC about HAIR

スタイリスト、カラーリスト、ケアリスト、アシスタントそれぞれの視点から お客様にお伝えしたい事を記事にしていきます。 髪の毛に関する事、サロンでの出来事、スタッフの紹介など記事にしていきたいと思います。 ちょっとした時に、見てくださいね!

0コメント

  • 1000 / 1000