植物係のコダワリ

DADAのスタッフはそれぞれいろいろな役割を受け持ち、心地よい空間ができるように心がけています。

今回はDADA CuBiCで植物係を長年務める、

今 元太(コン ゲンタ)通称コンちゃんへのインタビューをお届けします。



青森県出身、こけし職人の父をもち、毎年地元青森からおいしいリンゴが大量に届くという、スタッフとしても貴重な存在です。(リンゴ目的みたいな…、そんなことはないです♬)



コンちゃんは、毎朝やっている事があります。

掃除中、植物に向かってぶつぶつを話をしています。

「おはよう、今日は天気いいね、調子はどうだい?」

なんて言っているのでしょうか。

たまに不気味です。




そこでコンちゃんに、植物係としてのコダワリを聞いてみました。



「サロンに来て頂いたお客様はお気づきかと思いますが,入り口、シャンプー台にはたくさんの観葉植物があります。それぞれ特徴があります。自分的に言うと、一人一人の性格が違うんです。」



植物の種類によるものもありますが同じ種類でも性格が違うようです。

彼にはそう感じてるのでしょう。


同じ量の水をあげてるのに
すぐ吸ってしまう食いしん坊なやつ


太陽が当たる方にぐんぐん伸びてしまう

天真爛漫な子


僕が入社する前からいてどっしり構える

落ち着きのある方

「植物を擬人化する」

これが一つめのコダワリ。


一つめ! て、まだコダワリがあるのかと思いきや2つ目を語りだしました。


「生ける花には存在感を出す」

サロン中に、花をいける場所が一カ所あります。大きな鏡があるところです。

そこに

できるだけ季節の花を生けたり、あまりお花屋さんで見かけない植物を生けているのを見かけます。



たまーに植物に悩みを聞いてもらったりもして😳
返事は返ってこないはずなんですけど、、、



美容室では髪を切って、染めるだけでなく
同時にリラックスと情報を提供させていただく空間でもあります。

春には桜や新緑の華やかで鮮やかな色合い
秋には枝系や



ダリアなど深く落ち着いた色合いの花で色彩による空間のリラックス感を演出しています。



それ以外の植物を生ける時はなるべく

インパクト

コンちゃんが意識しているところ、

それは「奇をてらう」

だそうです。


へーこんな植物もあるんだー
と、思っていただけたら幸いで

帰りに花でも買っていこうかなー
と、思っていただけたら御の字だそうです。


植物と話をしているコンちゃんの事をたくさん書いてしまいました。

もはやもうこれ以上書く事はありません。

ここまでお読み頂ありがとうございます。



天気のいい日に太陽の光が透ける葉っぱの色
これからの季節に出てくる新芽の生命力
どれも美しいです✨


コダワリの仕事が見える植物達を次回の来店時いつもより少し注目してみるのもいいかもしれません。

DADA CuBiC about HAIR

スタイリスト、カラーリスト、ケアリスト、アシスタントそれぞれの視点から お客様にお伝えしたい事を記事にしていきます。 髪の毛に関する事、サロンでの出来事、スタッフの紹介など記事にしていきたいと思います。 ちょっとした時に、見てくださいね!

0コメント

  • 1000 / 1000