今回はヘアスタイルどういたしますか?

軽くする事とは…。


こんにちはトップスタイリストの小林です。


美容室でよく聞くワードをカッター目線で、少し踏み込んでいこうと思います。

少しマニアックな内容も含まれますが、なるべく分かりやすく解説、説明していこうと思います。


今回上げるキーワードは 「軽くしたい!」 です。


誰もが美容室で一度は口にしたことのあるキーワードではないでしょうか?

<軽くする>一見すごく単純でもすごく奥の深いものなのです。

何故かというと、大きく分けて3つ軽くする方法があるからなのです!


*ちなみに細かくするともっとあります。

・梳いて軽くする。

・段を入れて軽くする。

・前髪の幅を変えて軽くする。....etc



まず1つ目の梳いて軽くする。

これは単純に厚みが無くなって、手触りが軽くなるイメージです。例えば段の入っていないヘアスタイルに対して梳いていくと手触りが軽くなっていきます。

*ただし軽くしてラフな動きのほしい方には少し難しいです。



2つ目は段を入れて軽くする。

段を入れると髪の毛に重なりができて、段が入っていないものに比べてまずは形が軽くなります。そこにプラスして梳いていくと一番軽さを作ることができます。あとは髪の毛がずれることによってヘアスタイルに動きをつくることができます。

*髪質によっては段を入れることで、ハネやすくなることもあります。




最後は前髪の幅を変えて軽くする。

前髪の幅を少し広げることで顔周りをスッキリだすことによって印象を明るく見せることができます。前髪の幅が狭いと顔周りの髪の毛が顔に覆いかぶさってくる分重く見えやすいです。

*顔周りの出し方はすごく繊細なので自分で広げるのはとても危険です!



と、このように軽くするだけでもいろいろな方法があり、メリット、デメリットがあります。軽くすることもデザインの一つなのです!

そこにお客様一人一人の好み、ライフスタイル、なりたいイメージがあると思います。



なのでぜひ理想のヘアスタイルを叶えるためにも疑問や悩みがあればぜひ相談してくださいね!

第一回目は軽くする方法でした!

DADA CuBiC about HAIR

隣の人より、少しだけ髪の毛のことに詳しくなってみませんか? 知ることで、髪の毛との付き合い方が、これまでとは変わるかもしれません。 あまり好きでない人は、自分の髪の毛との向き合い方がわかるかもしれません。 違う一面を知ることで、これまで以上に好きになれると思います。 「とは…」、から始まる美容の話を聞いてください。

0コメント

  • 1000 / 1000